クリスマス「スワッグ ド ルージュ」「ツリー ド ルージュ」「リース ド ルージュ」

「リース ド ルージュ」「ツリー ド ルージュ」「スワッグ ド ルージュ」

クリスマス飾りも「ドアにリースをひとつ飾っておしまい」から、もっと家中を飾って、クリスマス気分を満喫する時代になってきました。

となると気になるのが、リースとツリーのテイストの違い。
リースは大人っぽいのに、ツリーはこどもっぽかったり……テイストが違うと、しっくりきませんよね。

最近セットで同じテイストのものを揃えて、家全体を同じテイストで演出することができるようになっています。

おすすめ1:ナチュラルテイストのリースまたはスワッグとツリーのセット

詳細紹介記事
生命の象徴とされる針葉樹に木の実やドライフラワーを合わせた日比谷花壇の「ド ルージュ」や「ド ロゼ」のシリーズ。ルージュ(赤)やロゼ(ピンク)を基本色にした、リースまたはスワッグとツリーのセットがあります。
【日比谷花壇】クリスマス ドライツリーとリースのセット「ノエル ド ルージュ」
【日比谷花壇】クリスマス ドライツリーとスワッグのセット「デコラシオン ド ロゼ」

おすすめ2:アーティフィシャルならではの花もかわいいイルミネーション付きセット

詳細紹介記事
アーティフィシャルフラワー、つまり造花ならではの、ピンクの大きなポピーが印象的な「アーティフィシャルツリー」と「アーティフィシャルスワッグ」のセットもあります。

おすすめ3:月夜の森を思わせるスワッグとキャンドルツリーのセット

詳細紹介記事
渋い大人色のスワッグから下がる金の三日月。そして重なる葉も立体的なキャンドルツリー。
月夜の森で大人のクリスマスを過ごす気分を連れてきてくれます。
【日比谷花壇】クリスマス アーティフィシャルツリーとスワッグのセット「オンブラージュ」